スポット対応とは

別のベージにてアウトソーシングの内容をご説明させて頂いております。

アウトソーシングとスポットとは何が違うのか?

それは、アウトソーシングは、基本的には、労働社会保険、給与計算業務と言った一つの大きなカテゴリーに

ついて、包括的に業務委託させて頂くことを目的としています。

実際は、以下の分類をしております。

・労働保険

・社会保険

・給与計算業務

 

ご依頼により、上記分類3つの全て、2つ、1つだけお受けすることがあります。

業務委託をお受けした場合、報酬は、月額制を取らせて頂いております。

 

では、スポット対応では・・・・・

例:

・労働保険概算確定申告書のみをして欲しい

・社会保険算定基礎届のみをして欲しい

・雇用保険の資格取得・資格喪失、社会保険の資格取得・資格喪失のみを欲しい

・高年齢雇用継続給付金の申請のみをして欲しい

・育児休業給付金の申請のみをして欲しい

・給与と年金のバランスを教えてほしい(最適給与シュミレーション)

                                             etc

 

継続的なご契約ではなく、その業務をその時だけお受けする為、報酬は、その都度の請求となります。

 

コスト面で、継続して契約するのは、難しいけど、この時期にこれだけはお願いすれば、業務に

専念できるんだが? っと言ったご要望にお応えすることで、少しでも、会社の発展に寄与できる

ように応援させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る